職員について

職員インタビュー

「人対人」の仕事。マニュアルなど通用しない、変化に富んだ毎日があります。

「すべては生徒のために」

駿河台学園の職員一人ひとりには、この言葉がしっかりと息づいています。総合教育機関として多岐にわたる仕事の中で、私たちの誰もが、様々な場面で、人生の扉を開こうと真剣に努力する生徒たちを支えています。

成長していく生徒の姿に喜びを感じながら、いつの日か自分も成長していることを実感することができる。この仕事にはそんな魅力があります。

生徒の立場になって共に悩み考え、生徒の夢を一緒になって追い求める、「愛情教育」を実践していく仕事です。

ページの先頭へ