ハラスメント防止への取り組み

Harassment Prevention

ハラスメント防止への取り組み

ハラスメント防止への取り組み

駿台グループはすべての生徒・学生および教職員・講師等が個人として尊重され、ハラスメントのない快適な環境のもとで、就学・就労する権利が保障されるよう努めています。

ハラスメントに対する基本姿勢

駿台には、教職員、講師、生徒、学生、パート、アルバイトなど多様な人間関係が存在します。駿台にとって、一人ひとりが個人として尊重され自律的に活動できること、考え方の違いを退けるのではなく互いの価値を認め合う場とすることは極めて重要なことです。

ハラスメントは、個人の尊厳を不当に傷つけ、精神的・身体的損害を与える社会的に許されない行為です。駿台では、ハラスメントの生じない学びやすく働きやすい環境づくりに努め、被害が生じた場合には、迅速かつ適切な解決を目指します。

ハラスメント防止・対策の取り組み

リーフレット(小冊子)を作成、各校舎等に設置し、ハラスメント防止・対策の啓発を進めるとともに、相談体制や相談方法についてご案内しております。

ハラスメントとは

ハラスメントとは、他者に対する発言・行動等が本人の意図に関係なく、相手方に不利益や損害を与え、もしくは個人の尊厳または人権を傷つける行為を指します。

就学・就労の場で起こりうる代表的なハラスメントにつきまして以下に紹介します。なお、ハラスメントの対象となる言動は下記に示した以外にも存在し、また複数の要素が重なり合って発生する場合も多くあります。

セクシュアル・ハラスメント

相手に性的に不快と思われるような言動で人格を傷つけることをいいます。

実際に問題となった例

  • 執拗に食事やデートに誘う
  • 冗談のつもりで性的な発言をする
  • 頭や髪、肩など身体に触れたり、必要以上に接近したりする
  • 性的思考や性的自認に関する差別的発言や嫌がらせをする

アカデミック・ハラスメント

研究教育の場で、優位な立場にある者が不適切な言動や指導を行うことで、学習環境を悪化させることをいいます。

実際に問題となった例

  • 学生を劣等者扱いするような侮辱的な対応をする
  • 個人的生活やプライバシーに過度に介入する
  • 属性や身分によって差別的な待遇をする
  • 職務上知り得た個人情報やうわさを流布する

パワーハラスメント

就労・就学における人間関係などの優位性を背景に、教育や指導の範疇を超えて、精神的・身体的苦痛を与える、または所属団体の環境を悪化させることをいいます。

実際に問題となった例

  • 大勢の前で激しく叱責する、人格を否定するようなことを言われる
  • 特定の者だけあいさつを無視するなど、不当に排除する
  • 不正、違法行為や社会通念上認められない行為を強要する
  • 業務時間内に達成が困難な課題を日常的に押し付ける

妊娠・出産・育児休業に関するハラスメント

妊娠・出産したこと、または妊娠・出産・育児休業等に関する制度の利用に関する言動により、他の者の就労・就学環境を害することをいいます。

実際に問題となった例

  • 妊娠を報告したところ、退職するよう言われた
  • 時間外労働の免除について相談したところ、昇任等への影響を暗に示された
  • 所定外労働の制限を適用していることを理由に、専ら雑務のみさせられる

ハラスメント被害にあった時は

  • 自分が悪いと悩む必要はありません。可能であれば言葉と態度ではっきり伝えましょう。
  • 意思を伝えるのが困難な場合は、周囲の信頼できる人に相談しましょう。速やかに相談することが早期の解決につながります。
  • あなたが受けた言動や行動について、日時・場所・何をされたかなど記録にとっておきましょう。問題解決に役立ちます。

悩んでいる人を見かけたら

  • 見て見ぬふりをせず、ハラスメントの行為者に注意を促しましょう。
  • 相談にのってあげましょう。
  • ハラスメントを受けている人の力になってあげてください。

加害者にならないために

  • 互いの人格を尊重する姿勢を持ちましょう。
  • 反対意見や「ノー」という意思表示がないからと言って、それが合意・同意とは限りません。自分自身の言動や行動を振り返りましょう。
  • 相手が自分の言動をハラスメントと受け止めていることがわかったら、すぐに止めて、誠実な態度で謝罪しましょう。

ハラスメント相談窓口について

駿台では、ハラスメント相談に対応するため、相談窓口を設けております。
相談を希望される場合は、事前に相談票を記入のうえ、下記ハラスメント相談窓口までE-Mail、FAX、手紙いずれか利用しやすい方法にてお届けください。

なお、次のような性質の相談につきましては、相談をお受けできない、もしくは継続できない場合がございます。

例)

  • 相談調整を望まず、一方的な処分・処罰のみを求める目的のもの
  • 匿名または代理人による相談
  • 事実に基づかないもの(相手を陥れる目的で虚偽の発言を行う等)

駿台グループ ハラスメント相談窓口

E-Mail
harassment@sundai.ac.jp
FAX
03-5259-3053
所在
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-7
駿台予備学校8号館10階
駿台グループハラスメント相談窓口 宛

相談の流れ

相談の流れ