大草 敏弘

OKUSA TOSHIHIRO

西日本教育事業部 営業担当

西日本教育事業部 営業担当

高校の先生方の想いと駿台の想いをつなげる

わたしの仕事

ONE DAY

わたしの仕事は一言で言えば、駿台の「良さ」を高校の先生方や生徒に伝えることです。

駿台の魅力を自ら発信して、高校や生徒と駿台との接点を作り出し、関わっていただく機会を増やすことが大きな目的です。

さまざまなツールを通して、高校の先生方と良い信頼関係を築いていくことが大切だと考えています。

業務の幅は広いのですが、具体的には、担当高校の窓口となり、先生方と直接やり取りをさせていただくのが主です。

高校を訪問して、各種イベントや駿台模試の案内、入試情報の提供、在籍生の成績状況や近況の報告などを行なっています。

担当高校の生徒や保護者の方を対象にした進学講演会を実施することもあります。また、先生方対象の大学入試研究会を企画し、実施・運営していくことも、部署としての大きな役割でもあります。

担当の高校にとっては自分が駿台の窓口であり、自分の対応次第で駿台に対する印象やイメージが決まります。そのため、日頃から誠実な態度で業務に臨み、より正確を期すため、たとえルーティンワークであっても必ず確認作業を怠らないようにしています。

先生方との会話の中から、先生や高校が抱えるニーズを察知し、的確に行動することも心がけています。

ある1日のスケジュール

  • 朝礼後、訪問予定の高校ごとに、持参する資料や打ち合わせの内容を確認します。

  • 営業先へ出発します。一日に数校訪問することが多いので、移動手段は車が主です。

  • 昼食後、午後からの訪問を開始します。時間に余裕ができれば、当日アポを取って高校を訪問させていただく場合もあります。

  • オフィスに戻り、高校から引き取ってきた模擬試験の申込書を処理します。

  • 次回の訪問に向けて、必要な資料を作成します。

  • 明日の準備を済ませて、帰宅します。

ページの先頭へ


生徒の喜び、高校の先生方の喜びが、わたしの喜びです

仕事エピソード

EPISODE

大草 敏弘 エピソード

進学講演会を実施する際は、対象学年の様子や講演会のねらいなど、事前に高校とよく打ち合わせし、念入りに準備を進めるようにしています。

先日、ある高校の講演会の冒頭で挨拶された教頭先生から、「開始を見届けたら退席させてもらおうと思っていたが、内容が興味深くて最後まで聞いてしまった」と言っていただけました。

講演会では、駿台が持つ豊富なデータや受験生のアンケート結果を多く取り入れるようにしていますが、そうしたノウハウと駿台の情報力が評価していただけたのだと思います。

担当するエリアや高校に応じて営業の手法もさまざまです。上司や同僚と意見交換することも刺激になります。

その高校が抱える課題や掲げる目標に向けて、いかに駿台の教育サービスを活用していただくか、先生と協力して考えていくこと、実践していくことに面白みがあると感じます。

そして、やはり駿台と関わってくれた生徒や学生が志望する大学に合格してくれたときが何より嬉しいですね。

ページの先頭へ


未来を担う人材の夢の実現を一緒に叶えましょう

就活生へのメッセージ

MESSAGE

大草 敏弘 メッセージ

私自身は、就職活動を始めるに当たり、これまでの自分を振り返ったときに、今の自分があるのはこれまで受けてきた教育や学校のおかげであると改めて感じました。

そして、社会の中で、自分も少しでも教育に貢献したいと考え、今の道を選びました。

たくさんの企業の情報に触れたり、実際に働いている方々の話を聞けるのはおそらく就職活動の時だけだと思います。

社会に出てどのように活躍していきたいか、自分の興味・関心を色々な角度から分析してみてください。

そして、この国の未来を担う人材の夢の実現を、教育という側面から支えていきたいと感じる人は、誠意と熱意を持って駿台で一緒にがんばりましょう!

ページの先頭へ