晴山 淳平

HAREYAMA JUNPEI

エスエイティーティー 情報システム開発担当

エスエイティーティー 情報システム開発担当

“安心・安全”な駿台の教育サービスを届ける

わたしの仕事

ONE DAY

駿台のブランドやノウハウを活かし、外部の企業から委託されたシステムの開発や、e-ラーニングの開発等をおこなっています。

お客様から依頼を受け、その要望に対してシステムを設計、プログラミング、実装、納品まで一連のシステム開発を担当します。

普段心がけていることは、セキュリティ意識です。

顧客情報や内部のシステム情報をたくさん取り扱っているため、一回でも事故が発生してしまうと、駿台全体の信頼を一瞬でなくしてしまう恐れがあります。ミスなく一連の業務を終えるため、システムの取り扱いには細心の注意をはらっています。

教育業界でもICTの活用等、ITの観点も欠かせない時代になってきています。知識や経験を身に着け、将来的にはこれまでの駿台にないような、ITの技術を使った駿台ならではの教育サービスを作っていきたいと思っています。

ある1日のスケジュール

  • 出勤。外部企業向け開発案件のチームミーティングに参加。

  • 駿河台学園グループが運営する社会人向けラーニングスクール「m-School」のプログラム作成。

  • 午前中に作成したプログラムが仕様書通りに実行されているかチェックします。

  • 外部企業向け開発案件のプログラム作成。

  • 「m-School」の新しいラーニングメニューについての会議に参加し、システム開発を検討します。

  • 本日中に行った業務の進捗状況を確認してから退勤します。

ページの先頭へ


失敗からの学びを、お客様の満足につなげる

仕事エピソード

EPISODE

晴山 淳平 エピソード

一番印象深かったのは、入職して初めてプログラムの一部を担当した時のことです。文系出身で、システム開発の知識はほとんどない状態だったため、一から勉強できる研修の機会を作ってもらったり、先輩から参考書を借り、日々勉強していました。

何度テストしてもエラーが出てしまったり、お客様の環境ではうまく作動しなかったりとスムーズにはいきませんでしたが、先輩のフォローもあり、無事納品することができました。

その時は、自分の知識や技術の足りなさを痛感しましたが、もっと勉強したいというモチベーションにもつながりました。

システムを納品するまでにはたくさんの過程があり、一つひとつクリアしていかないといけないため、大変だと感じることもありますが、お客様に使っていただき、「これいいね」「使いやすいね」と言っていただける時が、やりがいを感じる瞬間です。

ページの先頭へ


自分を表現できる場所

みなさんへのメッセージ

MESSAGE

晴山 淳平 メッセージ

駿台の魅力の一つは、幅広い業務があることです。

生徒を直接サポートする部門もあれば、私たちのようにITの分野からサポートしていく部門もあります。

そして、若手の内から様々な業務に携わることができ、活躍できる場があります。

自己分析をする際は、自分自身の学生生活を振り返り、自分の強みや、その企業で何がしたいかを考えてみてください。

そしてそれを最大限実現できるような企業に出会ってほしいと思います。

ページの先頭へ