学校法人 駿河台学園は
ミャンマーでの寺子屋学校建設を支援しています

当学園は、ミャンマーにおける寺子屋学校建設支援プロジェクト「ミャンマー寺子屋応援チーム」の趣旨に賛同し、2014年よりNPO法人「メコン総合研究所」への寄付を通してミャンマーでの寺子屋学校建設の支援を行っています。

ヤンゴン北部のミンガラドン郡区の仏教寺院で、当学園をはじめとした日本の18団体4個人で組織する「ミャンマー寺子屋応援チーム」が支援した寺子屋学校が完成し、2015年3月19日、引き渡し式が行われました。

ミャンマー寺子屋 看板
ミャンマー寺子屋 看板

ミャンマーでは公立学校の学費はすべて無料ですが、その他に制服代や寄付金等が必要となるため、現実には公立学校に通うことができない子供が数多くいます。その受け皿となっているのが僧院や寄付、ボランティアによって運営されている寺子屋学校です。寺子屋学校卒業生は、通常の公立学校卒業生と同じく、公立高校に進学することができます。

ミャンマー寺子屋 看板

このたび当学園は多くの子供たちに教育を受ける機会を持ってもらうために、寺子屋学校建設支援を行うことにしました。当支援活動を通じて、今後もミャンマーの子供たちの支援と同国の経済発展に寄与してまいります。

※ 2015年11月に2校目、2016年11月には3校目の寺子屋学校が竣工しました。